香港発 生活事情 なんでこうなるの?

香港15年在住筆者が北京語・広東語学習者を中心に、香港・広東省・華南からの話題を紹介。社会・経済身の回りの出来事を綴ります。海外生活が長いので『少し変』かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24屆香港電影金像獎

3/27th 

第24屆香港電影金像獎 (金象奨?ゴールデンエレファントではありませんでした!すいません)の表彰式が行なわれた。


最佳男主角   梁朝偉 (トニー・レオン)
最佳導演  爾冬陞  (イー・タンシン) 
最佳女主角  章子怡 (チャン・ツィイー)
最佳電影  功夫  (カンフーハッスル)


----------------------------------------------------------
⇒人気blogランキングに参加デースケドガー!
----------------------------------------------------------

第 2 回 SEO コンテスト (新潟・スマトラ頑張れ!!)


【“第24屆香港電影金像獎”の続きを読む】
スポンサーサイト

台湾100万人?デモ行進 / 香港映画祭

3/26


反分裂国家法が先日人民代表大会で可決された。台北ではそれに抗議してデモが催された。


→ 100万人デモとの報道(香港TVBニュース)(その後のニュースでは数十万という表現にかわる(23時))。台北市人口が260万人台湾全人口は2200万(ウィキペディア)だから3人に1人?が参加していることになる。中国が武力すら行使することを明文化したこの法律、台湾の人々にとっては切実な問題。


→ 東京で300万人の抗議デモが起こることを想像してみれば、その厳重性は明らかだ。


→ 話は変わって今香港映画祭の中真っ只中。


----------------------------------------------------------
⇒人気blogランキングに参加デースケドガー!
----------------------------------------------------------

【“台湾100万人?デモ行進 / 香港映画祭”の続きを読む】

ライブドア vs フジテレビ、 Fed利上げ観測

3/23rd (3/29th追加)

ライブドアvsフジテレビ 泥沼化しそうな雲行き。
どうなるのでしょうか。
(「ポイズンピル(毒薬)」はともかく配当を吊り上げるとのニュースは先週3/16頃香港でも報道されています。)


当事者ではないので無責任なことしか言えませんが、ひとつ「資本の論理」とやらを貫き通したらどうなるか若手の経営を見たいものだと感じます。


----------------------------------------------------------
⇒人気blogランキングに参加デースケドガー!
----------------------------------------------------------










デースケドガー虫を応援するページ

【“ライブドア vs フジテレビ、 Fed利上げ観測”の続きを読む】

石油価格急騰 USD57.3 ニューヨーク4月先物

3/18th

また石油価格が上がっている。先ほどニューヨーク(午前中)4月渡し先物取引で57.3ドルをつけたとのニュースが入ってきた。


→ 昨年秋からの石油の高騰以後40USドル台を上下しながら一時沈静化するとおもわれていた。


→ ダウにも圧力はいっそうかかるだろう。雇用を創りださない昨今のアメリカの経済成長は、あるのかないのか、はっきりしない。厄介だ。 石油価格が上がれば、インフレ圧力はさらに高まり、利上げのスピードも上がる。


→ 香港も自ら通貨政策の舵取りができないだけに、ますます先行きは不透明になる。USドルとペッグさせているためだ。どうするジョセフ・ヤム!香港ドルがまた叩き売られるぞ!



↓よろしければクリックお願いします。↓
----------------------------------------------------------
⇒人気blogランキングに参加デースケドガー!
----------------------------------------------------------

【“石油価格急騰 USD57.3 ニューヨーク4月先物”の続きを読む】

香港財政予算案発表 Hengy Tang(唐英年)

3/17th

→ 昨日は世界最大の航空会社が新たに誕生するやもとのうわさ(イギリスFinancialTimes,香港South China Morning Post(こちらは具体的)筋)で航空株が上昇。今朝は当事者キャセイ航空(0293)、中国国際航空(0753)ほかそれぞれ報道を否定。ドラゴン航空をキャセイが、そのキャセイを国航が呑み込む壮大な構想。 


→ でも死んでない!この構想。こういうアナウンスメントで小投資家を欺いていることが多い。 『空穴來風』。


↓よろしければクリックお願いします。↓
----------------------------------------------------------
⇒人気blogランキングに参加デースケドガー!
----------------------------------------------------------

『空穴來風』(広hung1yuet6loi4fung1 普kong1xue2lai2feng1)
火のなきところに煙は立たず。


昨日の予算案は特に驚くような内容はなし。

トントンこと財政司長(Financial Secretary) 唐英年財政予算案を立法局に提出。(日本語訳では‘財政官'が多いですね。すいません!)


→ 読み上げるだけだが、彼の朗読はドナルド・ツァン(曽蔭権)のようにいかめしくない。演説中に水を飲む。その間の取り方で議員を笑わせる。いつも笑顔のトントンを印象付ける。


→ カントンロードにオフィスがあった時エレベーターで一緒になったことがある。ヘンリー階上から降りてくるところに乗り込む。彼のオフィスがこのビルにあるのは知っていた。小生と二人だけ。まだ行政会議メンバーで自由党を脱退していない頃。でもニコニコしていない。(当たり前だ!)


→ 密室での10秒間。何か話そうか、何を話そうか。(話してどうするんだ!) 階下ロビーに着くまでの時間が1分ぐらいにもおもえた。当時から香港ミーハーな自分だった、そんな事を思い出していた。 でも顔が長かったですね。





【“香港財政予算案発表 Hengy Tang(唐英年)”の続きを読む】

「秋官効果」大当たり!アダムチェン(鄭少秋 ,Adam Cheng)

3/16th

大はずれといえば。
「『秋官』効果」(チャウグンこうか?)という言葉をご存知だろうか? 

「秋官」とは 俳優の「鄭少秋」のあだ名。彼がドラマを演じると必ず香港株が落ちる(時に大暴落する)のである。


→ 今までが「秋官」効果が的中する率は80%とのこと。


→ 『秋官效應』『丁蟹效應』は香港株をする人々にとって人口に膾炙した言葉だ。香港の株をやる人なら『就來秋官出臺wo』と言えば、もうそろそろ鄭少秋のドラマが放映されるぞ(株が暴落するぞ)株価の下方調整に気をつけなければといましめの言葉にも受け取れる。中国人は「落ちる」「損する」という言葉の使用を忌嫌うところがあり、比喩を使いながら、こう揶揄したりする。


↓よろしければクリックお願いします。↓
----------------------------------------------------------
⇒人気blogランキングに参加デースケドガー!
----------------------------------------------------------


→ 3/14(月)無線電視(TVB (0511))でアダム・チェンが演じる『御用閑人』が放映された。そしてその翌日(つまり昨日3月15日)のハンセン指数は!




【“「秋官効果」大当たり!アダムチェン(鄭少秋 ,Adam Cheng)”の続きを読む】

CYリョン & ドナルド・ツァン

3/14th

今日は行政長官関連ニュースに関して行政会議召集人CYリョン(梁振英, C.Y.Leung)がニュースの焦点になりそう。


→ 昨年リート(REIT)問題でも露呈したが(小生も熱くなりました!)、行政長官任期をめぐって司法再審査(司法覆核)をあおぐ者が出た場合、そのタイミングによっては、香港に行政長官が存在しない期間が生じるかもしれない。

→ CYリョン本人はすでに7月の行政長官出馬は考えていないと表明。



↓よろしければクリックお願いします。↓
----------------------------------------------------------
⇒人気blogランキングに参加デースケドガー!
----------------------------------------------------------










【“CYリョン & ドナルド・ツァン”の続きを読む】

行政長官代行 ドナルド・ツァン(曽蔭権,Doanld Tsang)

(3/10th)3/12th 行政長官代行 ドナルド・ツァン(曽蔭権,Doanld Tsang)


2/18th に書いた記事、政治協商会議常務委員でもあるスタンレー・ホーが政務司長  ドナルド・ツァン(Donald Tsang,曽蔭権)を称えていた。今日にいたるまでの伏線だったのですね。


3/10th夕方記者会見がある。香港特別行政区行政長官トン・チーワー(董建華,Tung Chee hwa)が正式に健康を理由に辞職願いを出したことを報告し、その経過の説明がある。


3/12th 北京に戻ったトン氏は政治協商会議の副主席になることが正式に了承される。トン氏の行政長官辞職届けも了承されているので、この段階でドナルドツァンが行政長官を代行することになる。

晩になって行政長官代理のドナルドが高官、行政会議議員をひきつれて記者会見、新しい行政長官は7/10の選挙で誕生する。任期はトン氏(第二期)の残した2年。曽政務司は、行政長官職へ立候補するかとの記者質問に対し直接回答せず。


3/13th 任期2年か5年かは過去10日間いわれ続けてきた。行政会議召集人梁振英(30代で当職を射とめ将来の行政長官として注目されていた)も朝の商業電台で「訴訟で法的解釈をあおぐ措置をとるものが出てくるかもしれない」



→ 3/9th またまたスタンレー・ホー(StanleyHO,何鴻燊)がダメ押しのエールを送っていた。稚拙でも、歯切れのよさもあって逆に気持ちいい。


→ 他の要人、政府関係者、インタビューをみても、一般論ばかりの中で、他のだれもが、『もし董建華(Tung Cheewah)香港行政長官が辞職するならば、…。』と紋切り型で仮定論としてしかインタビューに応じないのにはうんざりする。


↓よろしければクリックお願いします。↓
----------------------------------------------------------
⇒人気blogランキングに参加デースケドガー!
----------------------------------------------------------
【“行政長官代行 ドナルド・ツァン(曽蔭権,Doanld Tsang)”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。