香港発 生活事情 なんでこうなるの?

香港15年在住筆者が北京語・広東語学習者を中心に、香港・広東省・華南からの話題を紹介。社会・経済身の回りの出来事を綴ります。海外生活が長いので『少し変』かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカのはなし、イルカも強制立ち退きを。

12/23rd

イルカは日本でも人気のある頭のいい動物だ。
香港ならば、イルカショーをオーシャンパークに、海に出たなら中華白イルカに会いにいく。
先日訪れた大澳でのこと。十数人乗りの観覧ボートでくりだして15分。風はあまりない。穏やかな波のむこうでこちらをめざす4-5頭の群れ。頭を出し、背びれ・尾びれを出しては泳いでくる。思ったよりゆっくりだ。確かにピンク色がかった白い色をしている。こんなに近くで見ていると、中国語で「豚」の字を使っていることに納得を覚えた。ボートが伴走する形で10分ほどのランデブーとしゃれ込む。 あまり元気がなかったのがただ気になった。(テレビで見るような派手なジャンプはなかった。イルカショーの見すぎのせいなら良いが。)

『海洋公園』 (広hoi2yeung4gong1yuen4 普hai3yang2gong1yuan2) Ocean Park
『大澳』 (広daai6o3 普da4ao4) Tai O タイオウ ⇒ Mapランタオ島の西部漁村水上に家を建てる古い家屋が今ものこる。  TungChung駅から路線バスで11番(約40分)
『中華白海豚』 (広jung1wah4 baak6hoi2tuen4普zhong1hua2bai2hai3tun2)       Chinese White Dolphin


----------------------------------------------------------
↓サボりすぎかな? 100位圏外! よろしくお願いします。Give me a vote please, if it deserves!↓
⇒ 人気blogランキング
----------------------------------------------------------

≪香港のイルカ≫

→ 中華白イルカの将来は明るくない。

【“イルカのはなし、イルカも強制立ち退きを。”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。